借金の取り立ての実態に迫る!取り締まる法律や相談窓口もご紹介

借金の取り立ては本当に悪質なのか、身の危険を感じるほどなのか、その実態を解説いたします。また取立てをどのように法律で取り締まっているかといった事も把握するのは重要です。
MENU

借金の取り立ての実情と法律規制はどうなっている?

 

カードローンでお金を借りるという状況は非常にたくさんあります。過去には「借金をする方法と言えば『銀行』というイメージ」が強くあったものの、ここ十数年の間に借金の方法と言えばカードローンという印象の方が強くなっているほどです。銀行から借金をしている場合、仮に返済が滞ってしまったとしても悪質な取り立てに遭遇する可能性は低く、取り立てに遭うような状況になった場合でも柔軟な対応にも期待が持てます。

 

しかし、カードローン(特に悪質な街金や闇金など)を利用している場合、返済が遅延もしくは延滞してしまった場合には「極悪な取り立て」に遭遇してしまう可能性もあります。悪質な取り立てと聞いたことがあるかもしれませんが、それを遥かに超えた異常なまでの取り立てに遭遇してしまう可能性があるということはしっかりと認識して借金をすることが大切です。

 

とは言え、消費者金融が全てそのような度を越した取り立てをしてくると言う訳ではありません。ほとんどすべての消費者金融は法や規制に則った適切な方法で対応してくれます。特にテレビを見てるときにコマーシャルで目にするような大手の場合は、コンプライアンスも遵守しているので悪質な取立て被害に遭うリスクはほぼゼロに等しいです。

 

その為、比較的安心しながら借金をすることが出来ると言っても良いのですが、問題は「悪質業者や悪質行為を辞さない業者を利用してしまった場合」です。分かりやすい例で言えば「闇金業者」を利用してしまった場合、法や規制を逸脱した被害に遭ってしまう可能性が懸念されます。

 

法律で取り立てのルールが決められています

現在ある規制の内容と実情について、すべてを正確に把握することは難しいかもしれませんが、少なくとも「借金に関する基本的なルール(法規制など)」については、その概要程度は覚えておいた方が賢明です。特に、「返済の負担が大きいと感じる状況」では借金を返せなくなってしまう可能性が高くなるため、意識して気に法規制及び実情に関する知識と情報を持っていた方が安心できます。

 

規制には色々なものがあり、その詳細については分かり辛いものもあります。ただ、かみ砕いて考えると「夜間・早朝は来訪してはいけない」とか「本人以外には借金の事実を口外してはいけない」と言った内容になるので、決して難しいものではありません。

 

まず、時間帯に関するものとして「午後9時から午前8時の間に借金に関する連絡、および来訪をしてはいけない」という決まりがあります。借金に関する連絡をすることが出来るのは午前8時から午後9時までで、それに違反した場合は違法行為であるとして法的措置を講じることも可能です。

 

現状ある正規の貸金業者(消費者金融や銀行など)は、この決まりをしっかりと守った対応をしているところがほとんどですが、中には「真夜中に玄関ドアを叩いて催促してくる」という業者もあるのが実情です。

 

これは明らかな違法行為であり、法的措置を講じれば辞めさせることが出来ます。それだけでなく損害賠償(精神的苦痛や名誉棄損など)を行える可能性もありますが、実情は「報復される可能性を懸念」するためにあまりそういったことが行われていません。

 

正規と非正規の貸金業者の違いを知ろう

 

分かりやすい例を挙げると、正規の貸金業者は借金(債権)を回収する手段が非常に限定されている状況です。その為、借金をする人のことを色々と調べ評価する(審査)訳ですが、闇金業者の場合は無条件でお金を貸してくれるようなところもあります。回収手段が限定されていて回収できない可能性が高いからこそ融資基準が高くなっている実情において、その実情に相反する行動が出来る理由は「回収手段が確保できているから」です。要は違法行為を辞さない回収を行うという判断が出来る訳です。

 

だからこそ闇金業者を利用してはいけないと言われている訳ですが、規制されているのは時間だけではありません。

 

「正当な理由がある場合を除き、債務者本人以外の第三者に借金の事実を告知してはいけない」と言った決まりもあります。例えば、本人が死亡してしまった場合や行方が分からなくなってしまった場合、もしくはいつになっても返済してもらえないといって状況では「会社や実家などに連絡して所在を確認する」ということが行われると思っている人が多いでしょう。

 

しかし、このような決まりがあることで実際にそのような状況になることはまずありません。消費者金融などは債務者に対して、主に「電話とハガキ」で督促を行います。いずれの方法も効果が無かった場合、最終手段として「債務名義」というものを取って裁判所から返済命令を出してもらう訳ですが、それ以降は基本的に何もしてこなくなります。もちろん最低限度の督促はありますが、その多くは定期的に届くハガキのみと言った実情があります。

 

また、債務者に対して「他から借りて返済しろ」、「親に出してもらえ」などと言った表現を用いることも違法行為です。「仕事を増やして稼いで返済しろ」という表現は非常にグレーな範疇に入りますが、直接的な返済方法の提案などがあった場合はすべて違法行為となるので、この点は必ず覚えておくことが大切です。

更新履歴
このページの先頭へ