借金の取り立てトラブルは警察に相談できる?

借金の取立てでトラブルが起こった場合、警察が動いてくれるラインについて解説いたします。
MENU

借金の取り立てトラブルは警察に相談できる?

借金の取り立てトラブルを警察に相談することは可能です。それがどのような内容であったとしても、警察の仕事は市民が不安に感じていることを聞き、必要があれば対応するというものです。。

 

ただもし「警察に相談すれば借金の取り立てを止めてもらえるのか」ということであれば、警察はあくまで民事事件には不介入のスタンスなので、違法な取り立てが無い限りほぼ不可能です。

 

もし債権者側に借金を理由として脅されていたり、殴られるなどの暴力を振るわれている場合には、刑事事件に該当するので警察が対応してくれます。ただ違法な取り立てが行われておらず、暴力などの刑法に関わる問題が無い限り、借金というのは個人・法人が双方合意をして取り交わした民事の問題です。警察には「民事不介入」、つまり個人間のいさかいについては介入できないというルールがありますから、法律上の問題が無い場合には相談しても大した対応はしてもらえない可能性が高いです。

 

そうした場合には、生活相談センターなどに話をすれば対応してもらえる可能性は十分にあります。各地方にもよりますが、地方によっては「どこに相談すればわからない」といった内容の相談を引き受けている窓口を設置していることがありますから、こうしたところを利用するのも検討可能です

 

警察が対応してくれる違法な取り立てとしては。債務者の自宅を深夜や早朝に訪問することや、職場にいきなり入ってくること、また看板や張り紙で借金のことを吹聴することなどが該当しますが、こういった行為があった場合、警察は動いてくれる可能性があります。

 

仮に先に述べたような違法な取り立てや暴力の被害に遭っているということであればすぐにでも警察に連絡をすることをおすすめしますが、そうではない場合には弁護士や法テラスに相談した方が良いでしょう。

 

弁護士にせよ法テラスにせよ、ここでは法律問題の解決という広い範囲に対してサポートを提供しており、借金問題についてもその範疇に含めています。法テラスであれば無料である上に必要に応じて弁護士の紹介もしてくれますから、こういったところに相談するようにしてください。詳しくはこちらのページをご参照ください。

このページの先頭へ