正規の金融会社が行う債権回収の手順

正規の金融会社がどのようなステップを踏んで、債権(借りたお金)を回収するのかについてを解説いたします。
MENU

正規の金融会社が行う債権回収の手順

正規の貸金業者が債権回収を行う場合、その手順としてまず最初になるのが支払督促の送付です。これは「一括で返済しない場合は強制執行を行う」というもので、裁判所を通じて債務者の自宅へ送られることになります。

 

この督促状には異議申し立てを行うことができるのですが、実際には行わなかったとすると差し押さえが行われますから、まず異議申し立ては行うものとなるでしょう。ちなみにこの支払督促の送付には費用がかかるため、貸金業者によっては事前に内容証明郵便で警告を送ることがあります。この警告には「すぐに返済しないのであれば支払督促の申し立てを行う」といった内容が記載されていますから、これが来たのであれば債務者もすぐに行動を起こした方が良いでしょう。

 

さて、この支払督促が送られてきて、債務者が異議を申し立てた場合、債権回収は次のステップに移ります。

 

その次のステップとなるのが民事訴訟で、この民事訴訟の中で裁判官は債権者と債務者、双方の言い分を聞いた上で客観的であり、かつ法的に正しいと思われる判決を出します。この判決は法的拘束力がある、つまり従わない場合には司法の権利に基づいて従わせることが出来るため、もし民事訴訟が起きて債権者の言い分が認められたとすれば、債務者はすぐに可能な限りの返済を行わされることになるでしょう。具体的には給与の差し押さえや財産の差し押さえといった形になります。

 

ただ無制限に認められるわけではありませんから、生活に最低限必要な給与や財産については差し押さえの対象外です。この点は債務者側が安心して良いポイントと言えるでしょう。

 

貸金業者が行う債権回収の手順としてはこのようになっていますが、実際のところこういった手段に出られると債務者としてはほとんど抵抗が出来ません。貸金業者からお金を借りる際には間違いなく契約書を交わしているでしょうから、その契約書通りに返済が行われていない以上、反論が極めて難しいのです。

 

しかし強制執行が行われる前に債務整理を行うなどすれば、債務者はダメージを抑えることが出来ますから、もし支払督促が届くような自体になったのであれば弁護士などに相談すると良いでしょう。

このページの先頭へ